埼玉県坂戸市でパニック障害・うつ病(鬱病)にお悩みのあなたへ

会員様から「武内さんって本当にパニック障害なんですか?」と言われるくらいまで回復してきています。私は高校1年生~25歳くらいまで、約10年間パニック障害でした。まだ完治してはいませんが、かなり良くなっています。今日はトレーニングではなく、私のお話をさせて頂きたいと思います。

 

いつも私は「パニック障害歴10年です」と言っていますが、実は最初の5年くらいは自分がパニック障害だということに気付きませんでした。体調を崩しやすい体質ではありましたが「自分は虚弱体質なのかな…」「神経質なだけなのかな…」「気が小さいのかな…」と思っていただけで“パニック障害”という言葉を聞いたのは20歳くらいの時でした。

 

 

私がパニック障害になった理由

 

パニック障害になった理由は2つ。1つは高校のときの部活です。厳しい練習や、先輩からの暴力、先生からの体罰。今の時代の学校教育だったら大問題になるようなことが、当たり前のようにありました。そこで精神的に耐えられなくなってしまいました。もう1つの原因は電車の中で体調を崩したこと。東武東上線の成増~池袋間で具合が悪くなり、降りたくても降りられずに15分くらい電車内に閉じ込められてしまいました。

 

20歳のときに自分がパニック障害だということを知り、そこからリハビリをしました。リハビリといっても通院するのではなく、近所のコンビニに車で行ったり、都内まで買い物に行くなどです。そんなのがリハビリ?と思うかもしれませんが、車の運転や電車移動は私にとっては苦痛に感じるものでした。

 

また私にとって唯一たのしみだったのがフットサル。都内のフットサル場まで毎週通っていました。都内のフットサル場を選んだのは、知り合いに会いたくなかったからです。スポーツジムでもご近所さんや職場の同僚に会いたくないという人もいるのではないでしょうか。当スタジオのプライベート感はここからきています。

 

その後、スポーツクラブや加圧スタジオで働くものの、会社勤めのストレスから独立の道を選ぶようになりました。パニック障害の方は自分の中で「~しなければならない」と決めつけてしまいがちなので、自由な生き方があるということを私自身の活動で証明したいと思っています。

 

 

加圧トレーニングとの出会い

 

加圧トレーニングと出会ったことも私のパニック障害克服に大きく関係しています。当時の勤務先の和光市まで越生から電車で通っていましたが、毎日の通勤も問題なく出来るようになりました。脳波が整う加圧トレーニングは私にピッタリでした。

 

パニック障害などの精神疾患は、一般的なスポーツクラブでは入会を断られる場合もあります。ですが本当の“健康”とは体だけではなく、心も元気であることです。パニック障害の方でも安心して通えるジムをつくることが私の目標です。

 

【無料メール講座】
1日3分であなたに最適なストレス解消法が見つかる5ステップ

 

「パニック障害・鬱病」の関連記事

承認欲求

2019.12.31 (火)

褒められて伸びるタイプの人にオススメなのが、パーソナルトレーニングです。なぜなら、がんばっている姿や成果に対してトレーナーから褒めてもらえるからです。モチベーションが上がる「5つの動機」の1つに【承認欲求】があります。こ … 続きを読む»

体を鍛えるメリット。うつ病を克服するトレーニング事例

2019.12.25 (水)

体を鍛えるメリット(19歳男性) うつ病の悩みがあったNさん(19歳男性)。Nさんと初めてお会いしたのは加圧トレーニング専門ジムでの体験レッスンでした。スリムな体型に全身タトゥーで強面な印象でした。「バンドでもやっている … 続きを読む»

パニック障害になった芸能人から学んだこと

2019.12.15 (日)

  私は高校1年生からメンタル不調に悩まされ、15~25歳までの10年間、「パニック障害」という病気を患っていました。私がパニック障害だとわかった頃は、まだ病気のことがあまり認知されておらず、症状を伝えても「そ … 続きを読む»

行動療法

2019.12.15 (日)

パニック発作の症状を和らげる行動療法 パニック発作の症状を和らげるには行動療法が有効です。行動療法にはグループで行なう集団行動療法と、一人で行なう自己行動療法の2つがあります。   集団行動療法 集団行動では他 … 続きを読む»

部活顧問もパワハラ

2019.12.14 (土)

部活の顧問や先輩からのパワハラ(スポハラ)に悩んでいる人も少なくありません。運動部に限らず、文化部でも体育会系の顧問や先輩がいる部活もあります。 私は学生時代、スポーツの強豪校でサッカー部に所属していました。運動部なので … 続きを読む»

歯医者

2019.12.13 (金)

パニック障害で虫歯の悩み   私はパニック障害のときに色々な悩みがありました。その中の1つが「虫歯」です。パニック障害になったのと同じ時期に、虫歯にもなってしまいました。もちろん早めに治療した方がいいのですが、 … 続きを読む»

パニック障害の人付き合い

2019.12.12 (木)

パニック障害でもスポーツクラブの人間関係をよくする方法 先日、メンタルコーチ渡部和光さんのセッションを受けました。私の悩みは自分に厳しく、完璧主義な性格だということです。つねに身を削って、自分にストレスを与えている状態に … 続きを読む»

親和動機

2019.12.11 (水)

なぜダイエットは友達と一緒だとモチベーションがあがるのか? 一人で運動するのが苦手なあなたは、誰かと一緒に運動することでモチベーションが上がります。これを【親和動機】といいます。人がモチベーションがあがるキッカケは5つあ … 続きを読む»

うつ病の家族対応。絶対に言ってはいけない5つの言葉

2019.02.17 (日)

うつ病やパニック障害などの精神疾患は、家族の理解と正しい対応が必要です。うつ病やパニック障害の人には、前向きになれる言葉と、避けるべき言葉があります。もしあなたの家族がうつ病になってしまったら、言葉選びなど対応の仕方を意 … 続きを読む»

うつ病・パニック障害のストレス解消に必要なたった1つのこと

2018.12.24 (月)

うつ病の人はストレスを溜めやすい傾向があります。私はフィットネスのインストラクターとして10年以上、健康指導をしていますが、うつ病の人には「ある苦手なこと」があります。   それは休養です。健康的な体作りやスト … 続きを読む»

⇑ PAGE TOP