体を鍛えるメリット。うつ病を克服するトレーニング事例

2019.12.25 (水)

体を鍛えるメリット(19歳男性)

うつ病の悩みがあったNさん(19歳男性)。Nさんと初めてお会いしたのは加圧トレーニング専門ジムでの体験レッスンでした。スリムな体型に全身タトゥーで強面な印象でした。「バンドでもやっているのかな?」と思いながらお話をしてみると、うつ病に悩んでいるとご相談でした。外見からはイメージできないような謙虚な姿勢、穏やかな喋り口調で、好青年という印象だったのを覚えています。

 

 

Nさんは学生時代から人付き合いが苦手で、外出も出来ないような状態でした。リストカットをしている時期もあり、その痛みやイライラを解消するためにタトゥーを入れたそうです。実は私もパニック障害の経験があり、自分の腕を噛んだり、爪で引っかいている時期もありました。私も20歳の時にタトゥーを入れたいと親に伝えた経験もあります。当時の私とNさんが重なって見えたのもあり、しばらく私がトレーニングを担当しました。

 

 

一緒にトレーニングをしていると、半年もしないうちに症状が良くなり、毎週ジムに通えるようになりました。元々一人では外出できなかったNさんが積極的にジムに通えるようになったのです。トレーニングをするとセロトニンが分泌され、ストレス解消や精神面の安定といった効果があります。トレーニングをすると気持ちが前向きになるのです。

 

 

アメリカの大学の研究データにこのようなものがあります。運動とうつ病の関係性についての研究です。Aグループは抗うつ剤を投与した治療のみ。Bグループはジョギングをしてセロトニンの分泌を活性化させる。4ヶ月後、どちらのグループもうつ病が同じように回復しました。しかし、抗うつ剤を投与したAグループは1年後に33パーセントがうつ病再発。一方でジョギングをしたBグループは92パーセントが再発することなく、運動を自ら続けていたそうです。

 

 

このように体を鍛えると精神面も安定するというメリットがあります。対人関係や仕事などにストレスを抱えている方や、メンタル不調にお悩みの方は手軽にできる運動から始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

メンタル不調でも理想の体に
(無料メール講座)

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 体を鍛えるメリット。うつ病を克服するトレーニング事例

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP